桧家住宅奈良展示場店長 船越家の電気代 大公開! - 泡で断熱アクアフォーム エコ | 注文住宅の桧家住宅 香芝 奈良

Top/建築実例/スタッフ船越邸/船越家の電気代 大公開!


桧家住宅奈良展示場 店長の家 電気代大公開!

◆船越邸Date:施工面積145㎡(43.8坪)2階建て 2014年12月完成!! 詳しくはこちら
◆ソーラーシステム:3.28kwh 37円/kwh(売電単価)
◆船越家:奥様と2人暮らし+チワワ2匹  寒い日も、暑い日も、我慢せずに快適な生活を送っています。

2015年の電気代

12ヶ月間のトータル プラス3,539円!
船越店長コメント
「1年間、節約を意識する事なく、無理なくエアコンを稼働して
 快適な生活をおくりつつ光熱費はプラスでした!」詳しくは↓をクリック!

電気代2015.01
電気代2015.02
電気代2015.03
電気代2015.04
電気代2015.05
電気代2015.06
電気代2015.07
電気代2015.08
電気代2015.09
電気代2015.10
電気代2015.11
電気代2015.12

※クリックで詳細をご覧いただけます(PDF)

2015.1-4光熱費明細書

2015.4-7光熱費明細書

2015.7-9光熱費明細書

2015.10-2016.1光熱費明細書

船越店長コメント

  • ①光熱費0円生活、実際どうだった?
    • 1年間通じて「光熱費0円」を達成することができ、
      正直、ビックリです!!
      何よりも、『まったくガマンをすることなく、超快適な生活を送った上で』ゼロだったことに
      本当に驚き、感動しました。

      自慢できる話ではありませんが、船越家は夫婦ともガマンが大の苦手・・・
      また家ではチワワが2匹、留守番をしていることもあって
      寒い日は暖房を、暑い日は冷房を、常につけっぱなしの生活なのです。

      また1年目ということもあって
      あえて「節電」や「節約」を意識せず、
      むしろWバリア工法と換気システムによる「快適さ」を
      思う存分満喫してしまおう!と臨みました。

      お陰で、家の中で「寒い・暑い」という思いは全くしたことがありません。
      コレは本当に凄いの一言!!
      1月の寒~い朝(-2℃)でも、部屋の中はどこも暖かいため
      薄着で出かけようとしてしまう程です。
      玄関ドアを開けてビックリ!でした(汗)
      猛暑の中でも、帰宅して玄関のドアを開けると、
      ヒンヤリとした空気が出迎えてくれます。

      結露も、一度も見ていません。
      マンション住まいだった時、毎朝滝のように流れて
      カビたり汚れたり、掃除も面倒だったり、とにかく嫌で仕方なかった
      あの結露からも解放されました!
      今後、お目にかかることは無いんだと思うと本当にありがたいです。

      そんな快適(ぜいたく?)な暮らしをしても、
      使用する光熱費(買電額)は、マンション時代の半分に!
      家の面積は、約2倍以上(66㎡→145㎡)になったのに・・・です。

      冷暖房は、リビングに設置した一般的なルームエアコンがたったの1台!
      それだけでこの快適な温度環境!

      そして東向きの屋根に載せた太陽光発電3kwの売電額が、
      光熱費の総合計を上回ったのです!

      結局、そのままマンションで暮らしているよりも
      今の暮らしの方が、おサイフにも地球環境にもず~っと貢献しているんですね。

  • ②無理せずに、快適さを得る
    • ・・・いかがでしょうか。
      「そんな住宅、聞いたことない!」と思われませんか?
      私自身も、住宅の仕事に就いて10年以上になりますが
      桧家住宅以外にそんな住まいは聞いたことが無く、
      また、ここまでの性能だとは想像もしていませんでした。

      私が何よりも素晴らしいと感じたことは
      「エコで快適」な暮らしを、
      無理せずに手に入れられた、ということです。

      全館空調や全館床暖房など、特殊な冷暖房設備を採用し
      高い設置コストと、高いランニングコストをかけて
      快適さを手に入れる方法はあります。

      また、寒い冬は着込んでガマン、
      脱衣所や廊下は冷蔵庫のように冷えていて
      ヒートショックの危険性が高まる中、素早い移動でやり過ごす・・・
      暑い夏には自然風で、じっとりと汗をかきつつ耐える・・・
      すなわち忍耐によって
      エコノミー(経済性)を実現する方法もあります。

      これらの方法の場合、
      一方では高い住宅ローンや光熱費を払い続け、
      一方では健康面や快適性を損ない続けて、
      つまり何かの対価を支払って、「快適」や「エコ」を手に入れています。

      桧家住宅の素晴らしいところは、
      この両方を、非常に少ない対価で手に入れられる
      という点です。
      ごく一般的な建築費で、快適そのものの暮らしを満喫しているだけ、
      いわば「普通に家を建てて、快適に住むだけ」で、
      この「エコと快適」を両方とも実現できてしまうのです!

      経営理念に「最高品質と最低価格で社会に貢献」とありますが
      まさに、それを地でいっているわけですね!
      もちろん、光熱費が下がることも大変にありがたいことですが、
      何よりも「快適さ」をガマンせずに享受できることが
      心からありがたいと感じています。

  • ③桧家住宅の想い
    • 私の実家は廊下でビールが冷える程の寒さで、
      居間のホットカーペットの上からはみ出ると
      寒くて居られませんでした。
      妻の実家では寝室で白い息が出るし、
      脱衣所が外のように寒い為、エアコンが設置してありました。
      当然、居間から脱衣所までの廊下も極寒のため、駆け足で移動です!

      そんな実家で暮らした経験を持つ私だからこそ、
      今の快適な暮らしに感動と驚きが大きかったのかも知れません。

      住宅展示場に来てみれば
      「性能・数値」「○○基準・○○等級」「素材」「デザイン」「ブランド」
      それらを声高に謳う住宅会社が多いものです。

      桧家住宅は、そうした目につきやすい「売り文句」ではなく
      『快適な暮らし』という目に見えない、
      しかしお住まいになった後、毎日感じる一番大事なコトに焦点をあてて
      それを最低価格で実現するという理念に
      真面目に取り組んでいる住宅メーカーです。

      これから新築をご検討される皆様は、
      『快適な暮らし』がいかに豊かで、また大切なものであるか、
      ぜひ一度ご検討ください。
      住んでみないと分からない、
      でも、住んでしまってから気付いては遅いのです。

      これからも一人でも多くの方に、
      豊かな「エコで快適」な暮らしを実現していただく
      お手伝いができれば幸いです。